学科紹介

機械システム科

ものづくりに必要な機械の基本的な知識や技術・技能を学びます。さらに、コンピュータによる設計・加工、シーケンス制御などの電子機械、品質管理への理解を深めます。

メカトロロボット
実習風景(課題研究)
カリキュラム(専門科目)
1
工業技術基礎III

工業の各専門分野に関する基礎的な技術を実際の作業を通して総合的に習得し、技術革新に主体的に対応できる能力と態度を身につける。各種計測の基礎・手仕上げ・フライス盤・溶接の基本など。

製図II

JIS規格に準拠した、機械製図に関する基礎的な知識と技術を習得させ、製作図、設計図などを正しく読み、図面を構想し作成する能力と態度を育てる。製図の基礎・展開図・寸法・公差など。

情報技術基礎III

工業の各分野における事象の数理処理に関する知識と技術を習得し、実際に活用する能力と態度を育てる。また、情報技術に関する基礎的知識を習得し、コンピュータの基本的な活用できる能力を身につける。

機械工作III

機械材料の性質や加工法、生産の仕組みや管理法について理解すると共に、工業技術基礎などの体験的学習を通して実際に活用できる能力を身につける。鋳造・溶接・塑性加工・切削加工・機械材料など。

2
実習IV

工業の各専門分野に関する技術を実際の作業を通して総合的に習得させ、技術革新に主体的に対応できる能力と態度を育てる。鋳造・フライス盤・マシニングセンタ・旋盤・リレーシーケンス・材料試験・溶接

製図IV

JIS規格に準拠した機械製図に関する基礎的な知識と技術を習得させ、製作図・設計図などを正しく読み取り図面を構想し、作成する能力と態度を育てる。製作図・図形の表し方・CADなど。

機械工作II

機械材料の性質や加工法、生産の仕組みや管理法について理解すると共に、体験的学習を通して実際に活用できる能力を身につける。溶接・塑性加工・機械材料とその加工性など。

機械設計II

基礎的・基本的事項を重視し、実践的な設計技術を把握させながら、創造的・合理的な設計をする能力と態度を育成する。機械と設計・機械に働く力と仕事・摩擦と機械の効率・材料の強さ

設備計画II

設備工業の計画に関する基礎的な知識と技術を習得させ,実際に計画できる能力と態度を育てる。設備の基礎・流体や熱力学など。

電子機械II

電子機械に関する応用的な知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。センサ・アクチュエータの基礎、シーケンス制御など。

3
実習III

工業の各専門分野に関する技術を実際の作業を通して総合的に習得させ、技術革新に主体的に対応できる能力と態度を育てる。配管 ・機械加工Ⅰ・機械加工Ⅱ・MC・内燃機関・測定・PLCなど。

課題研究III

工業業に関する課題を設定し、その課題の解決を図る学習を通して、専門的な知識と技術の総合化を図るとともに、問題解決の能力や自発的・創造的な学習態度を育てる。メカトロアイディアコンテストなどに向けたロボット製作・3Dプリンターによる製作・各種工作技術を用いた地域貢献活動など。

製図II

JIS規格に準拠した、機械製図に関する基礎的な知識と技術を習得させ、製作図、設計図などを正しく読み、図面を構想し作成する能力と態度を育てる。機械要素の製図・CAD演習・機械・器具の設計製図

機械設計II

「製図」、「工業数理基礎」、「実習」、「機械工作」などの工業科目に加え、「数学」、「物理」を基礎とし、応用と創造の能力を養う。材料の強さ・はりのせん断力と曲げモーメント・ねじり・歯車・動力伝達など。

原動機II

原動機に関する知識と技術を習得し、実際に活用する能力と態度を育てる。原動機の原理、構造、用途について幅広く学習し、将来、本授業で得た知識や応用力を実践できる能力を身に付ける。エネルギーの利用と変換・流体機械・内燃機関・自動車・蒸気タービンなど。

生産システム技術II

生産システムに関する知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。電気や電子に関する基礎的な事項や生産管理に関する基礎的事項を習得する。

*工業管理技術II

ものづくりなどの製造業を中心とした企業組織全体としての経営や管理と、工場における運営や管理に関する知識や技術を習得させ、将来の産業現場において実際に活用できる能力と態度を身につける。

*電子機械応用II

電子機械に関する応用的な知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。電力や流体を利用したアクチュエータ・産業用ロボット・生産機械など。

(科目名 単位数) *B群選択履修科目

定員 40名
機械加工コース 機械加工や品質管理に関する技術について学習していきます。特に効率的に高品質の製品を作るという生産管理システム技術や住環境の技術について学習を深めます。
機械制御コース ロボット等の機械を動かす制御技術について学習していきます。特に、各種電子機械に属する製品、機械の機構、センサやアクチュエータの構造、シーケンス制御技術についての学習を深めます。
主な資格取得 ■CAD検定 ■機械製図検定 ■2級ボイラー技士 ■ガス・アーク溶接 ■技能検定(旋盤、フライス盤、シーケンス制御、機械検査、マシニングセンタ、電子機器組立) ■計算技術検定 ■情報技術検定 ■パソコン利用技術検定 ■危険物取扱者試験 ■品質管理検定

電子システム科

電子・電気の基礎及びロボット等の制御技術に関わる知識や技術・技能を学びます。さらに、コンピュータシステムやエネルギー技術への理解を深めます。

専門科目の授業
けん玉ロボット
カリキュラム(専門科目)
1
工業技術基礎III

工業の各専門分野に関する基礎的な技術を実際の作業を通して総合的に習得し、技術革新に主体的に対応できる能力と態度を身につける。電流計など計器の取り扱い・プログラミング・ライントレーサーの製作など。

情報技術基礎III

社会における情報化の進展と情報の意義や役割を理解させるとともに、情報技術に関する基礎的な知識と技術を習得させ、情報モラルを含めた情報手段を活用できる能力と態度を育てる。ハードウェア・C言語によるプログラミング・コンピュータ制御など。

電気基礎IV

電気に関する基礎的な知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。電流・電圧・抵抗直流回路・導体材料の性質・電流と磁気・静電気の働きなど。

2
実習III

工業の各専門分野に関する基礎的な技術を実際の作業を通して総合的に習得させ,技術革新に主体的に対応できる能力と態度を育てる。ダイオードの静特性・オシロスコープ・論理回路実習・マイコン制御・トランジスタ・オペアンプ・単相電力の測定・波形整形回路の実験・テスター製作・表計算・CAD・回路設計・シーケンス制御など。

課題研究I

工業に関する課題を設定し、その課題の解決を図る学習を通して、専門的な知識と技術の総合化を図るとともに、問題解決の能力や自発的・創造的な学習態度を育てる。設定したテーマの調査・研究(環境問題・エネルギー問題・地域企業について)など。

電子情報技術II

電子情報技術に関する基礎的な知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。アナログとディジタル・2進数・論理回路と論理式・フリップフロップ・コンピュータの機能と構成・C言語プログラミングなど。

電気基礎II

日常生活を支える正弦波交流回路の基本となる現象と、これを定量的に取り扱うことを学び、また、電気的な各種の量の相互関係を理解し、電気に関する基礎的な知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。交流の基礎・ベクトル表示・複素平面・RLCの性質・交流回路の電力・三相交流など。

電子技術II

電子技術に関する知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。原子と電子・半導体・ダイオード・トランジスタ・集積回路・増幅回路・変調回路など。

プログラミング技術II

コンピュータのプログラミングに関する知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。プログラム開発環境・コンパイルとリンク・Cの基本知識・デバッグ・条件分岐・繰り返し・配列・サブルーチン・探索・並べ替えなど。

コンピュータシステム技術II

コンピュータシステムに関する知識と技術を習得させ,実際に活用する能力と態度を育てる。ネットワーク技術・データ通信・運用・保守・マルチメディアなど。

電気機器II

電気機器及び電気材料に関する基礎的な知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。直流発電機・直流電動機・変圧器など。

電力技術II

電力技術に関する基礎的な知識と技術を習得させ実際に活用する能力と態度を育てる。エネルギー資源と電力・水力発電・火力発電・原子力発電・新しい発電方式など。

3
実習III

工業の各専門分野に関する基礎的な技術を実際の作業を通して総合的に習得させ,技術革新に主体的に対応できる能力と態度を育てる。電子計測・回路設計・オシロスコープなどの機器による各種特性測定・シーケンス制御・マイコン制御・ロボット制御・電気工事など。

課題研究II

工業に関する課題を設定し、その課題の解決を図る学習を通して、専門的な知識と技術の総合化を図るとともに、問題解決の能力や自発的・創造的な学習態度を育てる。マイコンカー製作・マイクロマウス・ロボットの研究・音響装置製作など

製図III

製図に関する日本工業規格および電子技術の分野の製図について基礎的な知識と技術を習得し、製作図・設計図などを正しく読み図面を構想し作成する能力と態度を育てる。機械製図・電子製図・屋内配線など。

電子技術II

電子技術に関する知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。変調回路・復調回路・直流電源回路・ディジタル回路・パルス回路・通信システム・データ通信システム・画像通信・通信関係法規・音響機器・映像機器など。

電子計測制御II

電子計測制御に関する基礎的な知識と技術を習得させ、実際に活用できる能力と態度を育てる。シーケンス制御・フィードバック制御など。

*電子情報技術II

電子情報技術に関する基礎的な知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。コンピュータの電子回路・コンピュータの機能と構成・アセンブリ言語・C言語・コンピュータ制御・インターフェース・センサとアクチュエータ・オペレーティングシステムなど。

コンピュータシステム技術II

コンピュータシステムに関する知識と技術を習得させ,実際に活用する能力と態度を育てる。コンピュータシステムの開発と評価・データベース技術など。

*電気機器II

電気機器及び電気材料に関する基礎的な知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。誘導機・同期機・電気材料・パワーエレクトにクスなど。

電力技術II

電力技術に関する基礎的な知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。新しい発電方式・送電の運用・定電圧送電・送電線路の事故と保護・変電所・高圧配電線路と低圧配電線路・配電線路の電気的特性・自家用電気設備・屋内配線・電気関係法規・照明・電気加熱・静電力の利用・ヒートポンプなど。

(科目名 単位数) *B群選択履修科目

定員 40名
電子情報コース 情報通信機器や自動制御に用いられる電子技術を学んだ上で、コンピュータによる情報処理を学習していきます。コンピュータシステムのハードウェアとしての電子回路や素子を理解し駆使する情報技術の学習を深めます。
エネルギーコース 情報技術の基礎と電子技術を学んだ上で、電気エネルギー及びその利用法を学習して行きます。環境に配慮した効率の良い発電や送配電、需要設備・機器にかかわる電力技術の学習を深めます。
主な資格取得 ■電気工事士 ■電気主任技術者 ■基本情報技術者 ■ITパスポート ■工事担任者 ■技能検定(電子機器組立、シーケンス制御、商品装飾展示) ■計算技術検定 ■情報技術検定 ■パソコン利用施術検定 ■危険物取扱者試験 ■品質管理検定

福祉生産システム科

社会福祉や工業におけるものづくりに必要な基本的な知識や技術・技能を学びます。さらに、生活支援技術や情報処理システムへの理解を深めます。

工場見学
施設ボランティア
カリキュラム(専門科目)
1
工業技術基礎III

工業に関する基礎的技術を実験・実習によって体験させ、各専門分野における技術への興味・関心を高め、工業の意義や役割を理解させるとともに、工業に関する広い視野と倫理観をもって工業を図る意欲的な態度を育てる。施設ボランティア・工業計測・加工技術・基礎製図・制御など。

情報技術基礎III

社会における情報化の進展と情報の意義や役割を理解させるとともに、情報技術に関する知識と技術を習得させ、工業の各分野において情報及び情報手段を主体的に活用する能力と態度を育てる。産業社会と情報技術・ハードウェア・プログラミングの基礎・C言語・ネットワーク・情報技術の活用など。

工業数理基礎II

工業の各分野における事象の数理処理に関する知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。基礎的な数値の取り扱い・単位・運動などの数理処理など。

社会福祉基礎II

社会福祉に関する基礎的な知識を習得させ、現代社会における社会福祉の意義や役割を理解させるとともに、人間としての尊厳の認識を深め、社会福祉の向上を図る能力と態度を育てる。社会福祉の理念と意義・社会福祉の歴史と福祉・社会保障制度・人間関係とコミュニケーション・地域福祉の進展と多様な社会的支援制度など。

2
実習IV

工業の各専門分野に関する技術を実際の作業を通して総合的に習得させ、技術革新に主体的に対応できる能力と態度を育てる。パソコン活用・ものづくり(鋳造)・情報活用・福祉機器・シーケンス制御・情報講座・コンピュータリテラシーなど。

製図II

製図に関する日本工業規格及び各専門分野の製図について基礎的な知識と技術を習得させ、製作図、設計図などを正しく読み、図面を構想し作成する能力と態度を育てる。製図の基礎・投影図・立体図・展開図・製作図・公差・スケッチ・CADなど。

生産システム技術II

生産システムに関する知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。直流回路・オームの法則・電流の発熱作用と電力・電流の熱作用と電力・磁気と静電気・電気と磁気・磁気作用の応用・静電気・交流回路・単相誘導電動機・三相交流など。

コンピュータシステム技術II

コンピュータシステムに関する知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。コンピュータシステムの概要・マルチメディア・ネットワーク技術・通信技術・コンピュータシステムの開発と評価など。

福祉機器II

社会における福祉の進展と住環境の意義や役割を理解させるとともに、福祉住環境に関する基礎的な知識を習得させ、介護保険制度を活用する能力と態度を育てる。暮らしやすい生活環境をめざして・健康と自立をめざして・安全で快適な住まい・安心できる住生活とまちづくりなど。

生活支援技術II

自立を尊重した生活を支援するための介護の役割を理解させ、基礎的な介護の知識と技術を習得させるとともに、様々な介護場面において適切かつ安全に支援できる能力と態度を育てる。人間関係とコミュニケーション・私たちの暮らしと生活支援・自立に向けた生活支援技術・移動の介護など。

ハードウェア技術II

コンピュータのハードウェアに関する基本的な知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。論理回路の基礎・論理回路の設計・コンピュータの基本機能と構成

3
実習III

工業の各専門分野に関する技術を実際の作業を通して総合的に習得させ、技術革新に主体的に対応できる能力と態度を育てる。マルチメディア実習・マシニングセンタ基礎・エネルギー実習・CAD実習・マルチメディア・マイコン制御・溶接実習・ネットワークの実践など。

課題研究III

工業に関する課題を設定し,その課題の解決を図る学習を通して,専門的な知識と技術の深化,総合化を図るとともに,問題解決の能力や自発的,創造的な学習態度を育てる。福祉機器製作(多機能車いすなど)・電子回路と制御(マイコンカー製作など)・福祉の調査研究とデザイン・アプリケーション開発など。

*製図II

製図に関する日本工業規格及び各専門分野の製図について基礎的な知識と技術を習得させ、製作図、設計図などを正しく読み、図面を構想し作成する能力と態度を育てる。製図の基礎・立体的な図示法・製作図・図形の表し方・寸法記入・公差・CAD・機械・器具の設計製図など。

環境工学基礎II

工業の各分野における環境工学に関する知識と技術を習得させ、環境に関する調査、評価、管理などに活用する能力と態度を育てる。社会と環境・地球温暖化とエネルギー・廃棄物とリサイクルなど。

生産システム技術II

生産システムに関する知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。半導体・ダイオード・トランジスタ・増幅回路・電源回路・集積回路・オペアンプなど。

生活支援技術II

自立を尊重した生活を支援するための介護の役割を理解させ、基礎的な介護の知識と技術を習得させるとともに、様々な介護場面において適切かつ安全に支援できる能力と態度を育てる。自立に向けた生活支援技術・食事の介護・入浴・清潔保持の介護・排せつの介護・睡眠の介護など。

こころとからだの理解II

自立を尊重した生活を支援するため必要なこころとからだの基礎的な知識を習得し、介護実践に適切に活用できる能力を身につける。こころとからだの基礎的理解・生活支援に必要なこころとからだのしくみの理解・人間の成長と発達の基礎的理解・認知症の理解・障害の理解など。

ソフトウェア技術II

コンピュータのソフトウェアに関する基礎的な知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。ソフトウェアの基礎・オペレーティングシステム・ソフトウェアの管理・情報セキュリティなど。

コンピュータシステム技術II

コンピュータシステムに関する知識と技術を習得させ、実際に活用する能力と態度を育てる。データベース技術・マルチメディア技術・ネットワーク技術・コンピュータシステムの開発と評価・運用保守など。

(科目名 単位数) *B群選択履修科目

定員 40名
福祉産業コース 工業の観点から福祉・介護に必要な科目の学習を深め、機器の仕組みや制御方法などを中心に学習し、工業技術を活用できる能力を育成します。
生産情報コース コンピュータのソフトウェアやハードウェアについての学習を深めるとともに、情報技術を活用して福祉や介護を支援する能力を育成します。
主な資格取得 ■ITパスポート ■介護初任者研修 ■技能検定(電子機器組立、シーケンス制御、テクニカルイラストレーションCAD、商品装飾展示) ■計算技術検定 ■情報技術検定 ■パソコン利用者技術検定 ■危険物取扱者試験 ■品質管理検定